サイトマップ(すべてのページ)










簡単アンドロイドアラーム設定。日時指定アラームも。スケジュール機能を利用するので裏技も。

浮遊型広告の無いhttp://superportal.blog17.fc2.com/blog-entry-191.htmlへ移転しました。
移転先ページでは浮遊型広告が無いので見やすいです。(今見ているページはやがて削除。サイト削除でなくページ削除です。このページだけ削除です。今後の更新は移転先で行います。)




下記の通り2種類ある。どちらもアンドロイドに最初からついている機能です。
2015-11-03更新(②を修正し、③追加)
24時間アラームアンドロイドに最初からついている機能。
まあ、普通のアラームですね
アンドロイドの待ち受け画面に出ている時刻表示をタップ。↓
+アラームを追加」をタップ。↓
アラームで鳴らせたい時刻に設定する。↓
完了ボタン。↓
あとはアラームが鳴るのを待つだけ。
日時指定アラームアンドロイドに最初からついている機能。
スケジュールというソフトの機能を利用する
スケジュールアイコンをタップ。↓
カレンダーが表示されるので希望する日付をタップ。↓
新規作成。↓
タイトル入力。↓  「A君と待ち合わせ」でも「あ」でも「c」でも何でもよい。
アラームの欄の「設定」にチェック。↓
すぐ下の行で、希望するアラーム時刻を入力。↓ (日付は先ほど決めたので、自動で出てくる)
逆スクロールして、開始の日付をアラームが鳴る時刻以降にする(そうしないと保存できないので重要。アラーム日時以降ならいつでもよい)。↓ 
保存ボタン。↓
あとはアラームが鳴るのを待つだけ。

上記のどちらも持っている機能:
① アラームに気づかなくても安心できる機能が最初からついている。すなわち、たとえば、トイレなどに行っていてアラームに気づかなかったとする。でも、ステータスバー(待ち受け画面最上部の電波のマークのある部分)に「アラームが鳴ったよ」ということを示す表示が出る。なので、「あれ、いつものステータスバーに変なマークが追加されているぞ。あっ、そうかアラームが鳴ったんだ」というふうに気づくことができる。そのマークをタップすると「アラームが鳴ったよ」という旨のことが書いてる。
② バイブだけにして、音は鳴らさないようにするには→ 待ち受け画面 → 設定アイコン →  音設定 →  マナーモード → バイブレーション → 戻るボタン → 「マナーモード バイブレーション」という表示になっていることを確認(「マナーモード バイブレーション」とは「バイブだけだよ。音はしないよ」という意味です。) → 以上です。
③ 日常で自分で気が付かない形の誤操作とかで、「バイブの設定」が「音声の設定」になってしまうことがある。あるいはその逆も。それを防止するには→ステータスバー内の電波のマークのとなりを見る→確認する。すなわち、次の A B C の3通りがあるのでチェックする:
A バイブのマークが表示されているなら→バイブの設定状態。
B スピーカーのマークに☓のマークが出ているなら→音声なしでしかもバイブなし。
C どちらのマークも出ていないなら→通常の状態という意味で、音声の設定状態。

うまい方法。すなわち「日時指定アラームは慣れてないので、設定が間違っていたら困る」という場合は:
2,3分後にテスト的な日時指定アラームを設定して、2,3分後にちゃんと鳴ることを確かめれば良いのです。
例えば、今、翌々日の日時指定アラームを設定したとする。でも、最近使ってないので、「本当にちゃんと設定できたかな?」と不安になりますよね。そういう場合は、もう1件、日時指定アラームを設定してみる。ただし、2,3分後(当然本日)に日時指定アラームが鳴る設定をしてみる。そして、日時指定アラームを閉じて、スマホを待機状態にする。そして、ちゃんと2,3分後に日時指定アラームが鳴ったなら、「ああ、この設定のやり方で正しかったのだ。」と安心できる。

追記(2016-05-26):
日時指定アラームで、次のように書きましたよね。
逆スクロールして、開始の日付をアラームが鳴る時刻以降にする(そうしないと保存できないので重要。アラーム日時以降ならいつでもよい)。」
私は、
「アラームがなる日時」の1分後にしている。
例えば、2016-05-27の19:00にアラームを鳴らしたいなら、2016-05-27の19:01にしている。
なぜなら、アラームが鳴る日になると、このアプリの起動時の表示(カレンダーの形の表示)の下部に「アラームが鳴る時刻の1分後」の時刻が表示されてわかりやすいから。1分違いというのも変な感じがするけど、まあ、ほとんど同じ時刻だし、気になるなら、アラームの時刻を1分早くしておけばいいのだし。


ちょっと、ひとこと
上記はアンドロイド公式のアプリなのだが、たしかに世の中にはそれ以外のアンドロイド対応のアラームがいっぱいある。でも、上記は良い点がある。以下のとおり:
日時指定アラームについて ①②③
① アンドロイドに常駐というかほぼ一体化というか、そんな感じなので、メモリーや電池のムダがない。
② 日時指定アラームは機能が多すぎて、不便と思う人もいるのだが、当ページで上記のように、まとめたので、すぐに「これは便利だ」と思うようになる。
③ 日時指定アラームは、当然、カレンダーや予定表として、使える。


以上が簡潔明瞭の説明です。



下記は、詳細版です。でも、上記だけで必要で十分だと思います。記述した日はやや古いですし。っていうか、月日が経つに連れ、上記をどんどん編集・追加していったので、いつの間にか、簡潔・明瞭・必要・十分な内容になってしまった。
 

Android4.0のスケジュール(日付日時指定アラーム)の設定手順(2014-08-29時点でのバージョン):
スケジュールのアイコンをタップ(以後は「をタップ」は省略することがある)
アラームさせたい日付をタップ(例:8月29日)
新規作成ボタン(このボタンは反応が2秒ぐらい遅れる)
本文入力の欄
予定内容を書く(例:9月9日の午前10時に△☓病院に行く)
アラームの欄の設定にチェック
日時の欄で日時を入力
スマホの戻るボタン↺ 
保存ボタン(もし、「アラーム日時が開始日時よりも後に設定されています」という警告が出たなら、「いつ」の欄の「開始時刻」をアラームが鳴る日時の1分後にすればよい。開始時刻をいじらないと「アラーム日時が開始日時よりも後に設定」されていないのに、この警告が出る。その場合でも開始時刻を1分進ませればよい。)
◆なぜ、1分後にするかというと、まあ、10分後でも、2時間後でもいいのだが、普通、だれでもアラームに気づいてから予定を実行するものだから。(このアプリはアラームを設定するだけでなく、予定をいつ開始させるのかを入力する決まりになっている。で、普通、だれでもアラームに気づいてから予定を実行するので、設定ミス防止のために「アラーム日時が開始日時よりも後に設定されています」というこの警告が出る。)
◆このアプリのカレンダーの日付と開始時刻の日付を同じ日付にしたほうがよい。なぜなら、このアプリのカレンダーにアラーム時刻の日付とスケジュール開始時刻の日付が同じ日付に強調表示させるから。23:59は例外になるが。
アラーム時刻になるとアラームが鳴り、しかも、Androidの一番上の電池減り具合や受信状態アイコンの欄にベルマークが出る。そのベルマークを下にフリックすると「お知らせ時刻になりました」と表示される。

上記は、かえってわかりづらいかもしれないので、別の説明の仕方で説明を以下にします。

Android4.0のスケジュール(日付日時指定アラーム)の設定手順(2014-08-29時点でのこのアプリのバージョン):
スケジュールのアイコンをタップ(以後は「をタップ」は省略することがある)
アラームさせたい日付をタップ(例:8月30日)
新規作成ボタン(このボタンは反応が2秒ぐらい遅れる)
本文入力の欄
予定内容を書く(例:9月9日の午前10時に△☓病院に行く)

「いつ」 の欄に アラームを鳴らしたい日時よりも後の日時を、開始日時と終了日時として書く。
例えば、アラームを鳴らしたい日時が9月9日(あ)で、開始日時は9月10日(い)で終了日時も9月11(う)にしておく。この
「あ」と「い」と「う」は時間の順にすること。
下の方にスクロールして、アラームの欄の設定にチェック
日時の欄で日時を入力
スマホの戻るボタン↺ 
保存ボタン(もし、「アラーム日時が開始日時よりも後に設定されています」という警告が出たなら、「いつ」の欄の「開始時刻」をアラームが鳴る日時の1分後にすればよい。開始時刻をいじらないと「アラーム日時が開始日時よりも後に設定」されていないのに、この警告が出る。その場合でも開始時刻を1分進ませればよい。)
◆なぜ、1分後にするかというと、まあ、10分後でも、2時間後でもいいのだが、普通、だれでもアラームに気づいてから予定を実行するものだから。(このアプリはアラームを設定するだけでなく、予定をいつ開始させるのかを入力する決まりになっている。で、普通、だれでもアラームに気づいてから予定を実行するので、設定ミス防止のために「アラーム日時が開始日時よりも後に設定されています」というこの警告が出る。)
◆このアプリのカレンダーの日付と開始時刻の日付を同じ日付にしたほうがよい。なぜなら、このアプリのカレンダーにアラーム時刻の日付とスケジュール開始時刻の日付が同じ日付に強調表示させるから。23:59は例外になるが。
アラーム時刻になるとアラームが鳴り、しかも、Androidの一番上の電池減り具合や受信状態アイコンの欄にベルマークが出る。そのベルマークを下にフリックすると「お知らせ時刻になりました」と表示される。


 上記は新しいです。下記は古いけど、上記にない情報も書いてありますので、必要ならご覧ください。

アンドロイド4.0の場合ですが、たぶん他のバージョンでもこんな感じのはず。
使用目的に応じて使い分ければ良い(バイブのみとか 5秒間だけバイブとか 逆に、アラーム音とか 大音響とか 5分間鳴り続けるとか スヌーズ利用とか) 

バイブのみの利用可。5秒間のみのアラーム鳴動だが、アラームに気づかなかった場合でも「アラームが鳴動したよ」という旨がその後に表示される。今年だけでなく数年後とかの指定日時でもOK 「待ち合わせ」とかの文字でも表示させたい
      ↓
  スケジュール機能を利用
超簡単にアラームセットできる。スヌーズを使える。バイブのみも可。アラーム音の種類は選択できる。もしアラームが鳴っても停止させないでいると5分間鳴動し続ける。24時間以内に鳴動させる
      ↓
  アラーム機能を利用

では、スケジュール機能を使った方法を、まず書きます。

簡潔明瞭版
例として、今月の25日の23:16にアラームを鳴らす方法です。
スケジュール → 25 → 新規作成 → 「山田さんと待ち合わせ」(例です)と入力 → いつ? → 2013/9/24 23:16(例) → アラームにチェックを入れる → そのアラームの欄にも「2013/9/24 23:16」と自動入力されるがそのままでよい → 保存 → これだけでアラームセット完了です。
詳細版
例として、今月の25日の23:16にアラームを鳴らす又はバイブ振動させる方法です。
スケジュールのアイコン → 25(その月の25日の日付をクリックするという意味。来月ならば来月のカレンダーを表示させて同様にすれば良い) → 新規作成 → 本文入力欄に「山田さんと待ち合わせ」(例です)と入力 → いつ? → 「開始」の欄に2013/9/24 23:16(例)と入力(日付までは自動入力されている) → アラームにチェックを入れる → そのアラームの欄にも「2013/9/24 23:16」と自動入力されるがそのままでよい → 保存 → これだけでアラームセット完了です → アラームをバイブにしたいなら→スケジュールはバイブでも音でも鳴動する。
ただし、音を鳴らさずにバイブだけにするには 「アンドロイドホーム画面 → 設定 → 音設定 → マナーモード → バイブレーション 」。
なお、バイブは約5秒間しか振動しません。音の場合も5秒間のみ。もし、バイブでしかも絶対気づくようにしたいならば、例えば、その10分前と30分前と1時間前の全部にスケジュール設定しておけばなんとかなる。
もし、この日時にアラーム鳴動に気づかなかった場合であっても、ホーム画面の最上部にマーク(「アラーム鳴動があったのに気づかなかったようですよ」っていう意味)が表示される。なので、安心。(((詳細解説→ スケジュールでは設定時刻になると、アラーム設定した場合でなくても、アンドロイドのホーム画面の最上部にベルのマークが表示される。そこ(アンドロイドの最上部)を下の方にスクロール(下の方になぞる)と、ベルのマークとともに「お知らせ時間になりました」と書かれている。)))


今度は、アラーム機能を使った方法を書きます。
やり方は→アラームと時計→アラームを追加→10:36(例です)→完了
 (ホーム画面の時計のすぐ下にそのアラームの鳴動予定時刻が表示されるので便利)

アラームでバイブだけを使う方法:
アンドロイドホーム画面 → 設定 → 音設定 → 音量 → アラーム → 一番左の目盛りにする(レベルゼロ)

アラームの音量調整の方法:
アンドロイドホーム画面 → 設定 → 音設定 → 音量 → アラーム → 一番左の目盛りよりも少し右の目盛りにすると最小の音として当然アラーム音が鳴るのだが、最小の音とは言えないような割と大きい音です。)」。かなり長く(5分間)鳴り続けます(もちろん手動で停止させることはできる)。

追記(下記の水色の表記は上記と重複する内容です):
スケジュール機能ではバイブでも音でも鳴動する。ただし、音を鳴らさずにバイブだけにするには 「アンドロイドホーム画面 → 設定 → 音設定 → マナーモード → バイブレーション 」。(もちろん、アラームにチェックを入れた場合です。)
スケジュール機能では設定時刻になると、アラーム設定した場合でなくても、アンドロイドのホーム画面の最上部にベルのマークが表示される。そこ(アンドロイドの最上部)を下の方にスクロール(下の方になぞる)と、ベルのマークとともに「お知らせ時間になりました」と書かれている。
アラーム機能ではバイブと音の両方が鳴動する。片方だけでも利用可能(詳細は上記のアラームの欄を参照)。
アラーム機能では5分経ったら鳴り止む

 
スポンサーサイト
[ 2017/09/25 16:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/70-b6eba45e




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt