サイトマップ(すべてのページ)










ソフトキーボードをインストールして使った経験を書きます(PIGYソフトウェアキーボード)

(副題:おすすめのソフトキーボード(スクリーンキーボード)と使用経験を書きます)
ソフトの名前:PIGYソフトウェアキーボード
おいらがインストールした環境: Windows7 32bit
注意:おいらの経験を書いただけです(もちろん誠実に書いている)ので、参考にしていただくことは歓迎ですが、自己責任で。

インストール方法:
ここでのインストールの説明はブラウザやその設定によって異なる上に、私がすでにインストールした後に記憶に頼って書いているので、歯切れが悪い説明になっています。何を言いたいかというと、赤い部分が肝心な部分だということです。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se341862.htmlにアクセスして、とりあえず、大まかな説明とかを見る

ダウンロードページというタブ(リンク)

このソフトを今すぐダウンロード

googleクロームでダウンロードした場合、下の方にダウンロードされた旨が出るが、そこの△をクリックするとフォルダーを開くって出ている(そのフォルダー名はあとで気づいたことだが、pboard125.zipという名前)ので、それをダブルクリック

すると、よく覚えていないが、たしか、「展開 実行 キャンセル」っていうダイアログが出る

展開をクリック

フォルダーが新たにできる。そのフォルダーを開くと、pboard.exeというファイルが見つかる。それをクリック。(1回目のpboard.exeのクリック)

すると、よく覚えていないが、たしか、「展開 実行 キャンセル」っていうダイアログが出る

実行をクリック(展開だったかもしれない)

すると、フォルダーが新たにでき(そのフォルダー名はあとで気づいたことだが、pboard125という名前)、そのフォルダーを開くと、pboard.exeというファイルが見つかる。そのファイルのアイコンは先程のアイコンよりも鮮やかな色のアイコンです)

そのファイルをクリック(2回目のpboard.exeのクリックだが、先程のとは別のファイル


すると、ダイアログが出て、実行を押す(今後はこのダイアログは不要という場合は、その旨のチェックがあるのでそのチェックを外す)

これでソフトキーボードが立ち上がっているはず。場合によっては、これで立ち上がらない場合があるが、実は立ち上がっているけど、他のウインドウに隠れているだけなのだ。なので、他のウインドウをどかすと、立ち上がっていることが確認できる。これで解決完了です。   補足→(でも、多くの人は、それをしないで、「立ち上がらないなー。」って思って、もう一度、クリックする。ところが、このソフトは、立ち上がった状態でクリックすると、閉じてしまう。なので、「やっぱり立ち上がらないなー。駄目だ、こりゃ」ってことになる。なので、その場合は、もう一度クリックすれば立ち上がる。)    少なくとも、私の環境の場合です。

便利さについて:
・キーボードの大きさや位置を自由に変えれる
・設定によってマウスジェスチャーが使え、マウスを左右に振るとキーボードが消え、もう一度左右に振るとキーボードが現れる
・たとえば cont+A を押したい場合は cont を右クリックするとcontを押したままの状態にできる
・IMEというキーがあり、それを押すと、日本語モードになり、もう一度押すと、アルファベットモードになる。

欠点:
少なくとも、私の環境の場合は、最小化ボタンを押しても最小化できずに、消えてしまう。 ←すぐ後(数行後)に、この対策を見つけましたので読んでください。まあ、マウスジェスチャーを使うので、あまり不都合はないけど。だから、最小化ボタンはマウスジェスチャーで見えなくするのと同じ機能だと見なせばよい。で、見えなくなっている状態で、マウスジェスチャーをすると見えるようになるってことですね。×(閉じる)ボタンを押すと、見えなくなるというよりも、このキーボードのアプリケーションを閉じたという意味です。なので、再び起動させたい場合はpboard.exeをクリックということです。で、ここで便利な方法がありますのでもし上げます。ひとことで言うと、閉じずに右下の隅に移動することです。このキーボードは、他のウインドウと違って、左上をクリックしてもメニューが出てきません。なので、このキーボードの左上の部分でクリックし、そのまま画面の右下にドラッグするのです。すると、画面の右下に小さい四角が視える。でも、小さくてしかも端なので、全然目立たない。なので、必要なときは簡単にドラッグで、真ん中に移動できる。これは、もう、最小化より便利とも言える上に、最小化よりも目立たないとも言える。


最小化しても、タスクバーには表示されない(最小化とは、このソフトキーボードの右上部分の「_ ×」のうちの「_」を押す作業)。これでは不便なのだが、大丈夫。タスクトレイ(右端の部分で、アイコンが並らんでいるところ)には常に表示されているので、それをクリックすれば最大化というか、通常表示される。少なくともウインドウズ7ではドラッグでそのアイコンの並び順を換えれるので、好みの順にするとなお良い。

私の設定が参考になるかもしれないのでとりあえず書きます。
pboardを起動→出てきたソフトキーボードの上部で右クリック→sample_blue_ex
pboardを起動→出てきたソフトキーボードの上部で右クリック→詳細設定→Key Lock→右クリックでプッシュ。右クリックでロック
pboardを起動→出てきたソフトキーボードの上部で右クリック→詳細設定→Key


コメント:
Windows7にはもともとスクリーンキーボードが標準で付いているのだが、たいへん使いにくい。すなわち、キーにひらがなとアルファベットがいっしょに書かれていて見づらい。キーボードの高さとかは変更できるが幅を変更できない。オプションがかなり少ない。contなどを押す場合、押したままにして他のキーを押しにくい。




スポンサーサイト
[ 2011/03/08 15:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/7-0c84d43d




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt