サイトマップ(すべてのページ)










長持ちするスマホの充電方法なんぞ気にしなくて済む方法(デジカメなど他の機器も同様)

本題は少し下の「本題」というところに書いてあるのですが、まず最初に、タイトルの意味をもう少しわかりやすく説明します。よく、几帳面の人はちゃんとした充電方法でないと気がすまないっていう人がいますよね。
例えば、
充電が完了したのに充電器から外さないままでいると充電池の寿命が短くなる。なので、充電が完了する時間を気にするとか。(あくまで例えです。機種によっても違うので、マニュアルをご覧ください)
あるいは、
満充電よりは90%ぐらいの充電のほうが充電池の寿命が長くなるので、90%ぐらいで充電をやめるとか。(あくまで例えです。機種によっても違うので、マニュアルをご覧ください)
あるいは、
USBで充電するのは電圧がまばらなので、純正の充電器を使って最適な電圧で充電するとか。 
(あくまで例えです。機種によっても違うので、マニュアルをご覧ください)
このように充電の方法をかなり気にする人がいる。でも、できれば気軽に充電したいものである。ではその方法を書きます。
本題:
非常に簡単なことです。それは、もう一つ充電池を買えばいいのです。すると、2つ充電池を持っていることになるのですが、片方を「気兼ねなく充電していい充電池」として使い、もう片方を「かなり充電に気を使う充電池」として使えばよいのです。
すると、前者を使った場合は、
気兼ねなく使えるのでかなり気楽に充電とか使用ができるようになる。(逆に、もし、後者の方を使うと、なんか、スマホのためよりも、電池を大事に使うためにスマホを買ったというような本末転倒になってしまう。とくに几帳面の人はなおさら。)。ということで、このように2つ用意すれば、たとえ、几帳面すぎる人でも、気軽に充電池を使えるようになる。
そして、後者の充電池があるので、ちゃんと充電したいなら、そちらのほうの充電池で充電する。なので、なんというか、気分的にも気楽である。で、私の場合というか、私の実体験では、気軽という点がかなり気に入ってしまったので、前者のほうしか使わなくなってしまった。すると、「じゃあ、2つもいらないじゃないか」って言われそうだけど、2つあるからこのような気軽さ(気楽さ)が生まれるのだから、2つ持つのは必要悪って感じで必要ってことになる。まあ、amazonとかのネット通販だと、格安でしかも、メール便で送ってくれるので、注文すれば2~3日後に使えるのだけどね。なお、メール便は送料が安いだけでなく、郵便受けに入れてくれるので、自分が外出していても受け取れる。 
なので、買ったと思いこむだけでもいいのだけどね。  
ちょっと前述したが(少し内容が重複するが)、詳しく言うと、私なんか、とりあえず、このように2つ揃えたんですが、いったん前者の方を使ったら、あまりにも気楽に使えるので、ずっと前者の方ばかり使い続けるようになりました(後者の方は当分使ってない)。まあ、そのうち、この前者の方の充電池はダメになる(充電してもすぐ電気がなくなるとか)のだろうから、その時は、後者の方に取り替えれば良い。そして、それを気兼ねなく使う充電池にすれば良い。そして、先ほどと同じ状況にするために、さらに、もう一つ充電池を買えば良い。この3つ目の充電池があるから、2つ目の充電池(冒頭で言う後者の充電池)は1つ目と同様に、かなり、気兼ねなく充電ができ、日常生活で気が楽になる。
なんか、狐につままれたような感じがするが、「気軽に使える」「充電池のためでなく、スマホのためにスマホを使う」という正常な使い方ができるようになるので、結果的にたいへん便利で気軽に使えるようになるのである。
重要な事なので、もう一度言います。
結果的にたいへん便利で気軽に使えるようになるのである。 ┃
スポンサーサイト
[ 2013/09/17 12:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/69-3ecf7812




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt