サイトマップ(すべてのページ)










フラッシュのアップデートができなかった事例。でも、結果的にこの方法で解決した。

では説明を時系列で書きます。
パソコンを起動したら、アドビーフラッシュプレーヤーのアップデートのダイアログが出た。
そのダイアログには「ダウンロードする」とかいうボタンがあったので押した。でも、10分以上たっても、なんの変化もない。
ちゃんとインストールされたのかバージョンを確かめてみた(確かめる方法は簡単で、こちらのページの通り)。なお、このインストールの試みの前にたまたま開いていたYouTubeの画面があったので、そのYouTube画面上で右クリックした。そしたら、バージョン11.6・・・・とかいうものだった。
とりあえず、IE(かならずIEを使うこと)でアドビーフラッシュプレーヤーの公式ページを出した((((「アドビーフラッシュプレーヤー」でGoogle検索したら、公式のアドビーフラッシュプレーヤーのインストールのページがすぐ見つかった)))。でも、アップデートとは書いてなかった。単にインストールするように促すページだった。アップデートについてのページはなかなか見つからなかった。前回アップデートしたことを思い出したところ、以前も同じようなことがあった。たしか、その時は、その「インストールする」とかいうボタンを押したら、解決した。なので、その「インストールする」とかいうボタンを押した。ただし、インストールのダイアログでちょっと注意することがある。それは、そのダイアログで「Googleクロームをンストールする」というチェックが出てくるのだが、私はそのチェックを外した。なぜなら、私は既にgoogleクロームがインストールされているからです。で、インストールが始まった。そしたら、ほんの1分ぐらいでインストールが完了した。
で、今度は、本当に、アップデートできたかの確認である。IEを一旦全部閉じた。そして、再びIEを立ち上げ、任意のYouTubeの動画を再生した。そして、その画面上で右クリックした。そしたら、新しいバージョンのバージョン11.7・・・・とかいう名前になっていた。このバージョン名というか数値は、先ほどのインストールのページに記されていたバージョン名と同じだった。
ということで、ちゃんとインストールが出来たことが確認できた。
おいらのコメント:
おそらく、このインストールはアップデートの意味なのだろうと思う。

余談だが、アドビーフラッシュプレーヤーはGoogleクロームの場合はインストールが不要である。なぜなら、理由は次の2つである。
Googleクロームには初めからアドビーフラッシュプレーヤーが内蔵されている。
GoogleクロームはGoogleクロームの新しいバージョンがリリースされると、googleクロームを再起動または新たな起動をする際に、自動でアップデートするようにできている。そのアップデートされたGoogleクロームには最新のフラッシュプレーヤーが内蔵されている。

スポンサーサイト
[ 2013/04/15 21:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/67-6d4f8019




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt