サイトマップ(すべてのページ)










ワードパッドのファイルをDCP-J525Nで印刷する方法

ワードパッドのそのファイルを開く
左上のファイルボタン(ファイルって書いてないけど)
印刷
印刷プレビュー
左上の「印刷プレビュー」というボタンを押すと次のページとかが見れる。2ページ分の表示もできる。(でも、これは用紙1枚あたり2ページ印刷という意味ではない。)(もし、横に印刷したい時は→ページ設定→横)
そのプレビューで良ければ
ファイルボタン
印刷(まだ印刷はされないので、安心してクリックできる)
プリンターの選択がDCP-J525Nになっていることを確認。
印刷設定ボタン
すると、左に設定内容が一覧で見れる。これから設定する内容が表示されるので、大変便利な一覧である。
基本設定タブ(はじめからそうなってる)
もし、横に印刷したい場合は横にチェックを入れる。
「レイアウト・・・1ページ」 って表示されているのだが、2ページを選択(希望するなら)。
拡張機能タブ
モノクロ(希望するなら)
インク節約モードのチェック(希望するなら)
おまかせ印刷タブがあるのだが、通常の印刷では、初心者は利用しないほうが良い。なぜなら、そのタブ内のを選択すると、今までやった設定が解除されるから。でも、特殊な場合は利用するといいと思う。
左の設定内容一覧を見て、これでいいと思ったら、
OKボタン
印刷ボタン

重要
途中で止める方法:
買って何日かするとケアレスミスをすることが誰でも有ると思う。たとえば、1枚だけとか1ページだけ印刷するつもりが、設定ミスで10枚とか20ページとか印刷してしまうのである。こういう時のために、途中で停止させる(厳密にいうと、終了させる)方法を知っておくと良い。では本題です:
(たぶんだが手っ取り早い方法: このプリンターではまだやってないが、USBを抜く。または、用紙が入っている引き出しみたいなトレイを引き抜く。)
でも、その方法は、正式なやり方ではないので、正式なやり方を書きます:
タスクトレイ(左端の時刻が表示されている所)のプリンターアイコンを右クリック(見つからなかったら、「^」が2つ積み重なった記号をクリックすると出てくる。でも、プリンター関連のアイコンがパソコンによっては複数あるので、すぐ見つかるようにしておくと良い。具体的にいうと、何枚も印刷する時に予行演習をすれば良い。何枚も印刷する時に、このタスクトレイの中の該当アイコンを右クリックして、それらしいの<<<すいませんが、機会があったらもっと具体的にここに書きます>>>をクリックすると小さいウィンドウが出る。そのウインドウの中に「キャンセル」というのが出る。その「キャンセル」をクリックするという想定をする。なぜ想定なのかというと、予行演習という前提だからです。)

右クリック

キャンセル

これで、止まる。(終了する。)(すぐには止まらず、2枚ぐらい無駄になることが多い。)

 DCP-J525Nのマニュアルのページ(pdf) おおまかの目次は以下のとおり
 > かんたん設置ガイド
 取扱説明書
 > ユーザーズガイド ~基本編~
 > ユーザーズガイド ~応用編~
 > ユーザーズガイド ~パソコン活用編~
 > ユーザーズガイド ~ネットワーク知識編~
 > ユーザーズガイド ~ネットワーク操作編~



追記:
●電源を入れたままのほうがインク節約になる。私はあんまし詳しくないけど、結論としてそういうことである。現に、以前私がDCP-115Cを使っていた時、12時間ぐらいの外出時は電源を抜いていた。そしたら、電源を入れたあと、クリーニングが頻繁になった。まあ、電源を抜いていたのが原因かどうかしらないが。
●4色の内、1色でもなくなると、プリンターが使えなくなる。まあ、これは常識だ。
で、私は旧タイプのDCP-115Cを使っていた時、1色がなくなったので、プリンターが使えなくなった。その時は、年賀状を印刷するまで10ヶ月ぐらい期間があるので、「使わなくてもいいや」って思って、電源を入れたまま、ほっておいた。そしたら、なんと、他の3色もそのうちにインク切れになってしまった。なお、それまで、電源を入れてはいたが、自動クリーニングは行われなかった。そして、2ヶ月ほどたった。さすがに、2ヶ月ぐらいしたら、印刷の必要性ができたので、仕方なく、非純正のインクを4色全部買った。そして、それらを、プリンターにつけた。しかし、プリンターは依然としてインク切れの表示が出たままで動かなかった。直接の原因はどうやら自動クリーニングをしなかったために、プリンター内で、インクが固まったからだと推定できる。いろいろ試したが、ついに直らなかった。なので、しかたなく、このページタイトルのDCP-J525Nを買った(8500円ぐらいだったので新しいプリンターに取り替えても、まあいいかと思ったし)。
●このページの主役のDCP-J525Nは旧タイプのDCP-115Cと比べて、自動クリーニングの回数が極端に少なくて済む。
私は以前はDCP-115Cを使っていたのだが、正常の使用の場合であっても、かなり頻繁に自動クリーニングをしていた。おおむね、1日に2回か3回である。ブラザーのプリンターは初めてだったので、これが正常な頻度だと思っていた。ところが、このページの主役のDCP-J525Nの機種に買い換えたら、ぜんぜん自動クリーニングしなくなった。なぜ「ぜんぜん」なのか、というと、思うに、「①だいたい2~3日に1回はプリンターを使っていいること」、および、「②インクの無駄が少ないのを売りにしている新機種だということ」。この2つの理由で、頻繁に自動クリーニングをしないだろうということである。
でも、変ですねー。全然なんですよ。3日間全然使わなくても、ぜんぜん自動クリーニングをしないんです。気になるので、あとで、その後どうなったかをここに書く予定です。 ←(おおむね2日間全く使わないと、自動クリーニングをしていることを確認しました。)。 ついでに言うと、この機種は印刷が終わっても、1分弱ほどクリーニングみたいな動きをする。これも、自動クリーニングといえるだろう。
●このページの本文に書いたとおり、インク節約モードの機能を私はいつも使っている。でも、カラーの場合だけインク節約モードが働くようである。あくまで「ようである」という推定です。その理由は次の2つ。 ①白黒で印刷された紙を見るかぎりはインクは節約されていないとしか見えないこと。 ②明確には書かれていないが、ブラザーの公式サイトの該当ページ から汲み取って読む限り「カラーではインク節約モードが働くが、白黒ではインク節約モードが働かない」と推定できること。
でも、(次の行へ続く)
白黒でもインク節約する方法を私は考えました。
その方法は印刷する前に全部の文字を灰色にすれば良いのです。
ワードパッドの場合で言うと → ホーム → 全て選択 → 「A」というアイコンをクリック → さらに、「A▼」の▼をクリック → 灰色をクリック(灰色は何種類かあるが、最初に1度試してみて、「これがいい」と思ったのを今後使えばよい) → これですべての文字が灰色になる → これを印刷すればよい。   (なお、灰色で適切な濃さが見つからないなら、黄色とか緑色とかにする。当然、モノクロの設定にする。例えば、黄色ならどの程度の灰色に印刷されるかは簡単。すなわち、試しに1度やってみて、それで納得するなら、本番でもその色にすれば良いということである。)
●一枚あたり4ページとかにするというインク節約術
利点・・・かなりインクの節約になる。①インクが、1枚あたり1ページの場合と比べて、1/4になる。 ②紙も、1枚あたり1ページの場合と比べて、1/4になる。 ③早く印刷できる。④印刷された紙の保管や持ち運びが楽。
欠点・・・字が小さいので見づらい。
●節約の考え方(一番コストパフォーマンスのある方法はこの方法といえよう):
インクを節約しようとして、白黒でしかも灰色にして印刷する方法を前述した(カラーの場合はインク節約モードという便利な機能があるのでそれを利用)。それと、1枚あたり4ページ分を印刷するという方法もインクを節約するのに良いとも書いた。しかし、欠点として、文字が薄いとか小さいとかで、読みづらい。
で、結論を言うと、文字が薄いのは良いが、1枚あたり4ページ分印刷するという方法は、見づらいという欠点が強すぎる。なので、文字は薄くてもよいが、1枚あたり1ページ分印刷にしたほうが、読みやすい。紙の無駄が大きいが紙は格安。インクの無駄と読みやすさを考えると、一番良い方法である。
インクの節約では紙の無駄よりインクの無駄のほうが金がかかる。
厳密に計算したわけではないが、紙はA4の場合500枚で300円程度である(ホームセンターでの相場)。
しかし、インクは500枚印刷するとなると、300円ではすまない。たぶん、その10倍の3000円ぐらいかかると思う。
ということで、誰が考えても、紙の枚数よりインクの使用量を気にしたほうが良い。
印刷専用のワードパッドのひな形のファイルを作っておくとよい
そうすれば、印刷するたびに文字の大きさとかの設定をしなくて済む。
雛形を作る手順:
ワードパッドを起動 → 適当な文を書く(私はこの2行ほど下の文を入れている) → 印刷したい文字の大きさとか行間とかにする → 名前を付けて保存 → 名前は「印刷用のひな形」とかにするとよい → ショートカットを作っておくのも良いだろう。
(((((これは印刷用のワードパッドのひな形です。印刷する時はこの雛形ファイルのこの文を削除して、印刷したい文を貼りつけて印刷してください。
印刷が終わって閉じる際は「 保存しない」を選んでください。そうすれば、ひきつづき次回もひな形として使えます。
なお、このひな形の文字の大きさ等で保存することもできます。その場合は、名前を付けて保存を選んでください。決して上書き保存を選ばないでください。)))))
雛形を利用して印刷する手順:
印刷したい文章を自分のファイルとかからコピー → 前述した「印刷用のひな形」を起動 → その雛形に書かれている文をマウスで全部選択 → 先ほどコピーした文章を貼り付ける → このページの本文で説明したように印刷する → 印刷が終わったら → この雛形のファイルの右上の「×」をクリック → ダイアログが出たら「保存しない」をクリック →これで終わり。

☆即日発送☆ 【4色セット】ブラザー LC12系 互換インク (LC12BK/LC12C/LC12M/LC12Y ) メール便お届け ※14時までにご注文のお客様は即日発送(個人のお客様は14時までに入金確認後、即日発送)

価格:795円
(2012/4/7 23:23時点)
感想(8件)



上記の互換インクの画像をクリックしてレビューをみると、この互換インクを買ってDCP-525Nで実際に使った経験が書いてあります。ちゃんと使えるとのこと。直接リンク
おいら、この互換インクを2012-05-26土曜に注文しました。
持っていたポイントを利用した。送料は無料。メール便なのでおいらが外出していても郵便受けに入れておいてくれる。更に言うと、値段が変わっていて、585円だった。サービ期間中かと思ったけど、そのサイトにはそのようには書いてなかった。市場価格でここまで安くなったのかな?それとも、客をひきつけるいわゆる目玉商品として売っているのかな?まあ、おいらにとってはどうでもいいことだけどね。
本日は土曜だから、おそらく今度の火曜あたりには郵便受けに入っていると思う。
今後、配達状況や使用状況を書きます。でも、今使っているインクはまだまだ終わらないと思う。今の使用状況・使用頻度を考えると、今年の年末ぐらいになると思う。年賀状をつくるころですね。
追記:2012-05-30水曜
前々行まで書いた件の続きです。
プリンター用インクは2012-05-30水曜午後に自宅の郵便受けに入っていた。昼12時半に外出して夜7時に家についたら郵便受けに入っていた。ちなみに私は東京都内に住んでいます。

まとめ: 東京都内の場合、土曜に注文すると水曜の夜には郵便受けに入っている。まあ、あくまで事例ということですが。備えあれば憂いなし。買い置きしておけば安心ってことですね。






スポンサーサイト
[ 2012/03/28 18:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/04/04 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/54-880f3687




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt