サイトマップ(すべてのページ)










ホームページという単語には複数の意味がある。使われる割合とその意味。

ホームページという単語はいろいろな意味がある。使われる頻度と意味を書きます。
使われる頻度(おおまか) 呼び名
(「ホームページ」を厳密な言い方で言った場合)
本に例えるとどんな感じ? 補足
30% サイト = ウェブサイト 本一冊の全部。 日本ではたいていサイトと言う。英語ではウェブサイトという。
25% ページ = ウェブページ 本のページ ページでは本のページと区別がつかない場合はウェブページという。
20% スタートページ 書斎に入る時は、一番最初にまずこの本のこのページを見ることにすると決めておいたとする。そのページのこと。まあ、そういう読書の仕方をする人はいないと思うが。
そもそも、スタートページを本に例えるのは無理があるので、この枠内の説明は無視して良い。
閲覧ソフトを起動させるとまず最初に表示されるページのことです。
20% トップページ 表紙 そのサイトの入口ページ。実質的な目次のページ。動画などを使って、そのサイトのイメージを表現したりもするトップページもある。
厳密に言うと、目次に相当するのはサイトマップである。しかし、サイトマップがないサイトも多い。
5% 公式サイト(公式ページ) 会社や団体などがその会社や団体の案内をするために、その会社や団体自身が作った案内書。 会社や機関などでその会社や機関自身が作ったサイトを公式サイトという。(関係者でない人がその会社や団体の案内のサイトを勝手に作ることも多い。そういうサイトを非公式サイトという。)
なお、サイトとページは意味が違うのだが、公式サイト・公式ページの場合は無意識に同じ意味で使う場合が多い。
seru-haba-chousei-gazou.gif
以上は私の経験に基づくデータです。人や年齢や性別や業界などによって若干異なります。




スポンサーサイト
[ 2012/01/04 01:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/38-d28de504




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt