サイトマップ(すべてのページ)










年賀はがきの印刷の方法(郵便局のはがきデザインキットとDCP-115Cを使用)

このページをなぜ作ったかというと、私が、毎年、年賀はがきを印刷する際に、年賀状ソフトやプリンターの使い方がすぐにわかるようにするためです。私個人のために書いたものですが、同じ環境の人の場合なら、参考になるかもしれません。

┃スポンサードリンク


●条件や環境 および プリンターにハガキを置く方法の画像
条件・環境 下記画像をクリックすると、拡大画像になり、はがきをプリンターにどういうふうに置くかがわかります。
郵便局のはがきデザインキットという年賀状ソフトですでに宛先と裏面(挨拶の面)ができている状態。
ブラザーのプリンターDCP-115C で印刷
OSはWindows7

事情により、画像を表示ないことになりました。そのかわり、以下の説明をします。

まず、
http://solutions.brother.co.jp/public/files/dlf/doc000463/dcp-115c_jpnusr_b.pdf 
のpdfファイルの22ページを見てください。(((ブラザーホーム  >>  サポート  >> インクジェットプリンター・複合機 >> DCP-115C > 製品マニュアル > 取扱説明書(本体) > 22ページ)))

そのページに「ハガキ、L判サイズの記録紙をセットする場合」という欄があります。そのすぐ下に図があります。
その図内の左上に、束ねたハガキが宙に浮いています。
この束ねたハガキの下面がハガキの表(宛先や宛名がある面です。切手や消印が付く面)になるようにしてください。言い換えると、この束ねたハガキの上面がハガキの裏(ハガキのメッセージを書く面。年賀はがきならば「おめでとう」と書く面)になるようにしてください。

一般論での説明: 印刷したい面を裏(下)にする。


では、本題です。(改行は「次に」という意味です)
  まれに発生する問題:
まれに、はがきデザインキットを起動しても、操作画面がパソコン画面に入りきらない場合がある。それでは、操作や確認ができないので、そういう場合は、画面の解像度を変更する。たとえば、私のモニターの場合、画面の解像度が800×600だとうまく表示されない。なので、設定を他のあたいの解像度にする。その手順は:
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/Change-screen-resolutionで説明するとおりだが、かいつまんで書くと:
デスクトップで右クリック
画面の解像度
1024×768(私のモニターの場合の例)
OK
1024×768の画面になる(その解像度でも表示できるモニターならば、「変更を維持する OR 元に戻す」のダイアログが出るので、「変更を維持する」をクリックする。逆に、その解像度では受け付けないモニターならば、画面が17秒間だけ真っ黒になった後に元に戻る(私の環境の場合)。

余談だが、私はパソコンのモニターを2mぐらい遠くにおいてパソコンを操作している。それでは当然見にくいので、上記のような低解像度にし、しかも、近視眼鏡をしてパソコンモニターを見ている。利点として、遠くから見れるので、机からもソファからもベッドからもパソコンの操作ができる(ソファは持ってないけど可能ってことね)。しかし、マウスとキーボードだけは必要に応じて机やベッドに移動させる。特に寝ながら操作閲覧できるのが良い点だと思っている。冬などは暖房しなくても、フード付きの服を着て布団の中にマウスを入れてパソコン操作できる(スクリーンキーボードを使えばマウスだけでキーボード操作できるし)(詳しくはこちらのモニター編のページこちらの暖房編のページ)。

┃スポンサードリンク


では、今度こそ本当に、本題です:

はがきデザインキットを起動
完全に起動したら
デザインキット起動、をクリック
縦向き、を選ぶ
OK
上にあるボタンで、宛名面作成、というのがあるのでクリック
すると、宛名の一覧が出る。
このページの上の方にある画像のとおりにハガキをプリンターに置く。 
とりあえず、最初に1枚だけ印刷しよう。まず、
例として、佐藤△△にチェックを入れる
右下の「宛名面を印刷」というボタンをクリック
レイアウトを確認、をクリック
そのプレビューの印刷で良ければ、印刷、をクリック
再確認のダイアログが出る。それで良ければ、印刷に進む、をクリック
DCP-115Cで印刷するという意味のダイアログ
念のために、プロパティ、をクリック
おまかせ印刷タブ
はがき印刷
読み込みボタン
基本設定タブ
インクジェット紙
きれい
はがき
1ページ
1部
拡張機能タブ
モノクロ
グラフ/テキスト
OK
OK
印刷される。
これでうまく行ったら、残り全部を印刷するために、
×
宛名面作成
残りの全部にチェックを入れる。
あとは先ほとと同じ事をやるだけ。先ほどのプロパティ設定は引き継がれないので、プロパティのところも省略しないでもう一度設定すること。
うまく宛名が全部印刷されたら、
×
すると、基本の画面になる。
左に今印刷しようとしている図柄が表示されているのを確認する。
それでよければ、右のたくさん図柄があるところの下の真ん中あたりの「印刷する」ボタンを押す。
印刷に進む、を押す
あとは、先ほどと同じだが、
はがき印刷 読み込み 基本設定タブ インクジェット紙 きれい ハガキ(重要) 1ページ 縦 1 拡張機能タブ カラー 自動切り替え(イラストなのでこれでいいだろう。このほうがインクの無駄がない感じがするし→結果的に良かった)
これでうまく行ったら、
今度は、残りを同じ設定で印刷する。ただし、「1ページ 縦 1 拡張機能タブ 」でなく「1ページ 縦 6(残りの枚数の例です) 拡張機能タブ 」である。

当然だが、パソコンの解像度をもとに戻す。

┃スポンサードリンク







スポンサーサイト
[ 2011/12/17 23:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/35-4b4589bc




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt