サイトマップ(すべてのページ)










電気製品や品物の説明書を簡単に見つける方法

誰でも、電気製品やパソコンの周辺機器などを買うと、あとで、その説明書やマニュアルをどこにしまったか忘れることが多いですよね。
では、解決法を書きます。
説明書だけを入れる引き出し(大きなビニール袋でもいんだが)を決めて入れておく。それだけでインです。電気製品とかの説明書ならなんでもそこに入れておく。そうすれば、すぐに見つかる。よく、製品にくつけておく人がいますが、まあ、それでもいいです。でも、小さい製品はくつけておくわけにはいきません。
で、その他の方法として、
電気製品を買ったら、その電気製品と説明書を携帯カメラ(高画質でないなら、デジカメ)で撮る。説明書は一枚の画像では納められないぐらい長い文の場合は、とりあえず、全部の画像を撮る。それだけでインです。携帯カメラやデジカメの画像データは自動で時間の順に並べてあるから、買った頃を思い出して、簡単に見つかります。で、もし、説明書が何十ページもあるならば、その製品とメモ(そのマニュアルをしまった場所を書いたメモ)を撮影します。で、あとで、その説明書を探すときは、買った頃の大体の日付を思い出して、画像データのファイルとかから探せばインです。時間の順なので、かなり簡単に見つかります。




スポンサーサイト
[ 2011/03/24 17:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/12-ad685a4f




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt