サイトマップ(すべてのページ)










瞬時に検索できるメモや日記帳の作り方(パスワードでロックも)

これは実に簡単なことなのですが、とりあえず例を上げて説明します。
たとえば、何かを思いつくたびにメモをする人がいますよね。その場合、普通はメモ帳とかに鉛筆で書いたり、手帳に書いたりしています。でも、あとでどの部分に書いたのか忘れてしまいます。これではメモの意味がありません。
では、それを解決する方法を書きます。
スタート→プログラム→アクセサリー→ワードパッド(メモ帳というソフトでもよいが)→で、このワードパッドに、今思いついた事とか日記を書く→その文章の最後にその時の日時を書いておくのも良い→で、少し経ったり、翌日になったりして、また、思いついたことなどがあったら前回書いた上の部分に書き足し、日時も最後に書く→このように思いついたりしてメモしたいことがあったら、どんどん書き足していく→すると、当然、かなり大きな文章が入ったファイルになる→かなり大きくなっても、かまわず、どんどん付け足していく→で、とうぜん、たまに「あの時ここにメモした記憶があるので、見てみよう」って思うことがあるだろう→そしたら、そのファイルを起動し→そのソフトの機能の一つとしての「検索」を出して→検索語を入れて→検索ボタンを押す。

補足:
●慣れれば「このネタはメモしたほうがいいな」って思ったら、ほんの10秒で、立ち上げ・記入・保存・閉じるができます。この「すぐに出来て完了する」というのが良いのです。その場合は、記入は、立ち上げたら、即、記入です。たちあがると、カーソルが一番上に自動で配置されるので、いきなりキーボードで入力です。その時は日付なんかいりません。すぐに思い出す重要な単語(キーワード)だけを入力するだけでもいいのです。で、あとで、暇なとき、そのキーワードをもとに詳細に書き足したり、日付とかを書き足したりすればいいのだから。とにかく、ほんの10秒で完了するのだから、「めんどうだからメモなんていいや」ってことがないです。さもないと、せっかくの情報やアイデアをあとで活用できなくなります。活用どころか、「そんな情報やアイデアなんてあったっけ」っていう事にもなりかねません。というか、意外と、そのケースは多いと思います。
●おいらはこのファイルの名前を「何でもメモするファイル」とか、としている。もちろん、すぐに起動できるようにデスクトップとかスタートメニューとかにショートカットをつけている。
●iphoneでもおそらくワードパッドやメモ帳ソフトがあると思うので、同じように利用できる。それどころか、ポケットやハンドバッグから出して、すぐにメモや検索ができる。
●ワードパッドやメモ帳の代わりにワードやライター(オープンオフィス)を使うとそのファイルをパスワードで鍵をかけれる。そうすると、当然、日記などは安心して書ける。
オープンオフィスのwriter(ワードと同じ部類の文書作成ソフト)をパスワードでロックして保存する方法を書きます。

パスワードでロックして閉じる場合(なお、その後は普通に閉じれる):
ファイル→名前を付けて保存→名前をつける→パスワード付きで保存する、にチェックを入れる→パスワードを入力→確認のためにもう1度パスワードを入力→OK
ファイルを開く場合:
ファイルをクリック→パスワード→OK→もし開かない場合は、英数入力とひらがな入力の判別をしてしまっていることが原因なので、「半角/全角漢字」というキーを押してからパスワードを入力
「やっぱ、パスワードはいらないや」って思ったら。すなわち、今後はパスワードロックなしに開きたい場合:
ファイル→名前を付けて保存→パスワード付きで保存する、のチェックを外す→OK→同名のファイルが存在します。上書きしますか?→はい  この方法しか知らないのでこう書いたけど、もしかすると、上書きでない形で保存できる方法があるのかも。 
●日時を入力するのは面倒と思うかもしれないけど、簡単な方法がある:
・google日本語入力という日本語入力ソフトを使えば、「きょう」と入力すると例えば2011年4月1日や2011-04-01という候補が出るし、「いま」と入力するとすぐ下に年月日時分(たとえば午後1時24分や午後1時25分)という候補が出る。
・メモ帳なら F5 を押すと日時が表示される。
・ワードパッドも同様で、OSによって違うが、たとえば、Windows7では上のメニュー→ホーム→日付と時刻で表示される。
●Gmailを利用する方法もある。これはすこぶる便利です。情報保管庫は最近話題のgoogleのクラウドサーバーで、端末として自宅のパソコンでも、携帯でもiphoneでも、会社や友人やネット喫茶のパソコンでも共通で使える。やり方も簡単で、Gmailを起動してIDとパスワードを入力すれば書き込みも閲覧もできる。全てhttpsという暗号化された送信(SSL)なので、適切な使い方をしていれば情報漏洩もない。では時系列で例を上げて以下に書きます:
Gmailを起動→自分の名前をクリック(※1)→いきなり、本文の欄に、メモを書く(件名すなわちタイトルなどは面倒なので書かなくて良い)→送信ボタン→これで完了である。
検索の例→Gmailを起動→検索欄にキーワードを入力→メールを検索というボタンを押す→これで、検索結果が出るので、該当メールをクリックして閲覧→これだけである。
なお、当然受信リストに「自分」という名称で差出人の欄にでる。
※1・・・左のメニューの下の方に自分の名前のリンク(前もってつくっておく。または数回自分宛にメールすると自動でできてしまう)があるので、そこにマウスポインターを置く→M(メール)というリンクが出てくるのでクリック
・このGmailでのメール検索では、メモ帳やワードパッドと違って、以下のような詳細検索ができる:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
From: 
To(受取人):
件名:
検索対象:
キーワード:
含めないキーワード:
添付ファイルあり
日付の検索範囲:
次の日を基準として:
例: 今日、金曜日、3月26日、2007/3/26
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コメント:
●この方法はたいへん便利です。この方法のおかげでかなり、情報や思いついたことやアイデアなどのメモしたいことが管理できます。すなわち、整理・管理・呼び出し(記憶をたどること)などが手軽にできます。

検索補助語:過去のメモ群を検索 探す すぐに思い出す アーカイブ 手軽 




スポンサーサイト
[ 2011/03/24 16:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/tb.php/11-ccd6782f




 スポンサード リンク


















ページを開くだけで使える:
カウントダウンタイマー
(例:7分後にアラーム) (直リンク) 「リリリリ-ン」が5秒間
カウントダウンタイマー
(例:PM2:58にアラーム) (直リンク) 自由指定の動画と音声で知らせる
時間計算機 (直リンク
電卓 (直リンク
●ストップウォッチ(直リンク












光ファイバーの広告
寝ている猫を小鳥が突っついて起こす動画。





っっt